自動車保険 格安 見積もり

自動車保険は格安見積もりがかんたんにできる

自動車保険 問題

自動車保険 未加入

自動車保険 相場

自動車保険 価格

自動車保険 費用

自動車保険 格安

自動車保険 安い

自動車保険 無事故

 

自動車保険は毎年保険料がかかるし高いし、今まで一度も事故に遭ったことないからいらないんじゃないかな・・・?
そう思ってしまいませんか?

 

自動車保険未加入のまま車を運転している人の割合は、全体の10〜15%と言われています。
つまり100人のドライバーの中で10〜15人は無保険という危険な状態で車を運転しているのです。

 

こんな相手と自分が事故に遭った場合、おそらく自賠責保険しかおりません。
自賠責保険は事故の被害者の体に対する最低限の補償しか出ませんので、その後の生活を考えると足りないのです。
任意保険に加入してないということはとても危険なのでやめてほしいですね。

 

裏を返せば自分も加害者になるかもしれないということです。
任意保険に加入しないままで事故を引き起こしてしまったら、その後の人生は賠償し続ける人生となってしまいますので、運転するなら必ず任意保険に加入しましょう。

 

安心できる任意保険の保障とはどのくらいでしょうか?
任意保険の補償には主に4種類あります。

 

・対人賠償:事故相手の怪我や障害、死亡に備える補償
・対物賠償:事故相手の車の修理に備える補償。
・人身傷害:自分の怪我や障害、死亡に備える補償。
・車両保険:自分の車の修理に備える補償。

 

これらのうち、対人・対物賠償は無制限にしておきましょう。もし怪我をさせたり、障害が残ったり、最悪死亡させてしまった場合に賠償金が数億円になることもあります。
自分の人生がかかりますので、無制限にしておくのが最良です。

 

人身傷害は自分と同乗者の怪我に備える補償なのですが、相手が無保険のケースもありますので自分でもかけておくと安心です。支払われる保険金の金額によって保険料が変わりますが、3000万円に加入する人が多いそうです。
車両保険は古い車であれば自分で修理するか、買い替えたほうがお得だと言われます。保険料がかなり上がる要因となるので車の市場価値が高い車であればつけたほうがいいです。

 

このように主な賠償内容を決まれば、後は自動車保険一括見積もりで比較検討するだけです。

 

一度、年齢や車種、免許の色、使用頻度、補償内容などを入力して送信すれば、あなた自身の自動車保険の相場や最安値の保険会社が簡単に見つけられます。簡単、便利なうえに利用料は無料ですので、是非ご活用ください。

 

自動車保険 問題点

 

 

自動車任意保険の補償

 

任意保険 補償

 

自動車保険の説明を読むと専門用語が多くてややこしいですが、ポイントをいくつか抑えるとわかりやすくなります。
まず、自動車任意保険には大きく分けて4種類の補償があります。

 

その4種類というのが、1)対人賠償 2)対物賠償 3)人身傷害 4)車両保険です。
それぞれどんなことを補償しているのか確認してみましょう。

 

1)対人賠償:保険に契約した車で他人を怪我・傷害・死亡させてしまい法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手の治療費や慰謝料などを補償します。契約時に設定した保険金額が上限です。 

 

2)対物賠償:保険に契約した車で車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。自分の車は別の補償になります。契約時に設定した保険金額が上限です。 

 

3)人身傷害:契約した車に乗車中の自分・同乗者が事故で怪我・傷害・死亡した時、過失割合に関係なく実際の損害額に対して保険金が支払われます。 

 

4)車両保険:契約した車が事故で破損した場合や、イタズラをされた時に修理費などを補償します。
こちらも契約時に設定した保険金額が上限です。
ただし車両保険には種類があり、補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」では保険料が異なります。

 

この4種類の他に上乗せや特約などを付加して、自分に合った任意保険の内容にカスタマイズします。

 

保険会社によっては特約がもともとついているものもありますので、しっかり内容を確認してくださいね。